ハイパースキン脱毛の仕組みとは?「効果ない」の真意から、子供でも「痛くない」理由まで余すことなく解説!

ハイパースキン脱毛の仕組みとは?「効果ない」の真意から、子供でも「痛くない」理由まで余すことなく解説!

効果の高い脱毛方法というのは、その分赤みやかゆみなどのリスクが付いてくるのが現実。

「脱毛効果が高いに越したことはないけど、もっと安心・安全に脱毛がしたい!」
という人におすすめなのが〝ハイパースキン脱毛〟

 人間の肌とほとんど同じ36℃ の低温で施術できる方法です。

 

ただあまりに優しすぎるため、「効果がなくてお金が無駄になりそう・・・」と心配する声もチラホラ。

そこで今回は、1人でも多くの方にハイパースキン脱毛の本質を伝えるべく、メリット・デメリット形式で特徴を紐解いていきます!

ハイパースキン脱毛(HKS脱毛)とは?
”効果ない”と感じる原因は仕組みにあった!

【通常の脱毛とハイパースキン脱毛のメカニズム】「通常」①バルジ領域から発毛因子が生まれる②毛穴で分裂すると・・・③毛がグングン成長「ハイパースキン」①バルジ領域から発毛因子が生まれる②分裂する前に照射③発毛因子が消滅して毛が生えない

ハイパースキン脱毛とは、通常よりも弱い出力の光を照射する蓄熱式脱毛法

ゆっくりと熱を蓄積して与えていくため、痛みを限りなく軽減してくれます。

 

照射のターゲットは〝発毛因子〟と呼ばれる細胞。

発毛因子が分裂することで毛は成長しますが、ハイパースキン脱毛はその細胞分裂を止めることで発毛を抑える仕組みです。

そのため「毛が抜ける」というよりは 「生えてくる量が減ってくる」 という感じ方になります。

すもも
発毛の基盤となる細胞に働きかけて、徐々にムダ毛が生えてこない状態にしてくれるよ!

ハイパースキン脱毛に必要な
回数・期間はどのくらい?

【ハイパースキン脱毛に必要な回数と期間】 ハイパースキン脱毛は効果がなかなか現れません。そのため、10回以上で⇒自己処理がラクに 13回以上で⇒完全にツルツル でもその分やさしいから安全です。

ハイパースキン脱毛はパワーが優しすぎるがゆえに、他の脱毛方法より 時間がかかります 

-脱毛効果を実感し始めるまで-

部位回数期間
背中10回~6ヶ月~
足12回~7ヶ月~
脇12回~7ヶ月~
VIO14回~9ヶ月~

施術後すぐに効果が現れるわけではないため、2~3回程度だと「生えてくる」「効果なし」と感想を持つ人が多いです。

特に脇やVIOなど毛が太い部位はなかなか時間がかかります。。

 

そのためハイパースキン脱毛をする場合、

  •  自己処理がラクになる:10回以上
  •  完全にツルツルを目指す:13回以上

を目安にするのがおすすめ。

永久脱毛が認められている機種ではないですが、施術を繰り返すことで十分な効果があるので安心してくださいね。

ハイパースキン脱毛とその他の光脱毛の違い

ハイパースキン脱毛は他の光脱毛となにが違うのか。「蓄熱式のハイパースキン・SHR」⇒・効果遅い・痛くない・日焼け産毛OK・美肌効果アリ 「単発式のIPL・SSC」⇒・効果早い・やや痛い・日焼け産毛OK・美肌効果アリ

一般的に脱毛サロンが導入する脱毛は、ハイパースキン脱毛SHR脱毛SSC脱毛IPL脱毛の4つです。

-他の光脱毛とのスペックの違い-

項目ハイパースキン脱毛SHR脱毛詳細ページIPL脱毛詳細ページSSC脱毛詳細ページ
仕組み蓄熱式蓄熱式単発式単発式
効果△即効性なし△即効性なし◎3~4日で抜ける〇4~5日で抜ける
痛み◎強い痛みなし◎強い痛みなし〇少し刺激あり△やや強め
産毛◎効果あり◎効果あり×効果なし△ほぼ効果なし
美肌効果◎あり〇少しあり◎あり〇少しあり
日焼け肌◎照射できる◎照射できる×照射できない×照射できない

サロンの光脱毛は、蓄熱式脱毛(ハイパースキン・SHR)と単発式脱毛(IPL・SSC)の2種類に分けられますが、大きな違いは 効果と痛みの感じ方 

多く利用されている単発式の場合、痛みは感じやすい分「毛が抜けた」と感じるまでが早いです。

 

一方で蓄熱式は脱毛効果に即効性はないですが、痛みをぎりぎりまで抑えられます

そのため”蓄熱式”に分類されるハイパースキン脱毛は、

とにかく痛みを抑えた脱毛がしたい!
効果はゆっくりでも、産毛までムラなく脱毛したい

という方に向いてますね。

ハイパースキン脱毛とSHR脱毛の相違点とは?

ハイパースキン脱毛とSHR脱毛ってなにが違うの?「ハイパースキン脱毛」種(発毛因子)を取って草(毛)を生やさせない「SHR脱毛」種(発毛因子)を取って水(バルジ領域)も与えない

ハイパースキン脱毛とSHR脱毛は同じ蓄熱式ですが、 照射のターゲットが違います 

ハイパースキン脱毛

  •  ターゲット:発毛因子(毛を生み出す種の部分)
  •  効果の早さ:10回~実感
  •  痛みの感じ方:どの部位でもほぼ無痛

SHR脱毛

  •  ターゲット:バルジ領域(毛が生えるよう命令する部分)
  •  効果の早さ:8回~実感
  •  痛みの感じ方:VIOだと少しだけチクリとする

ハイパースキン脱毛は 毛を生み出す大元の部分 に作用するので、SHR脱毛よりも効果はゆっくり

SHR脱毛は毛根に直接の刺激は与えないものの、毛包(毛を包み込む部分)には作用するので、脱毛効果の実感はやや早いです。

 

その代わり痛みに関しては、ハイパースキン脱毛なら全身どの部位でもほぼ痛みなく照射可能。

通常の光脱毛ほどの出力を必要としないため、刺激のない脱毛ができるのです。

SHR脱毛も極めて痛みの少ない方法ですが、VIOなどの敏感な部位となると 少しだけ熱による刺激 を感じることがあります。

SHR脱毛(蓄熱式脱毛)で毛が抜けるまでの回数は?”効果ない”と言われるワケを仕組みから解剖します!

【医師監修】SHR脱毛(蓄熱式脱毛)で毛が抜けるまでの回数は?”効果ない”と言われるワケを仕組みから解剖します!

2019.06.06

ハイパースキン脱毛の5つのメリット

メリット1痛みを限りなく軽減する
肌にやさしい低温照射

ハイパースキン脱毛は〝蓄熱式〟だから肌に優しい脱毛ができます。 照射の熱の温度は36℃(体温とほぼ同じ)だから・・・やさしい脱毛 ※子供の肌にも使用できるほど優しい脱毛です。

蓄熱式であるハイパースキン脱毛は、小さな子供の脱毛にも使用できるほどやさしい脱毛です。

通常は60~80℃ある光脱毛ですが、ハイパースキン脱毛は36℃ 体温とほぼ同じ 

 

特に痛みの感じやすいVIOワキなどの太い毛が密集している部分も痛みを感じず脱毛できます。

刺激のなさは断トツなので、VIO・顔などのデリケートな部分もギリギリまで脱毛できるというのが嬉しいポイントです^^

メリット2メラニン色素の薄い
産毛・白髪の脱毛も◎

色素の薄い産毛・白髪もハイパースキン脱毛ならOK その理由は〝毛の種(発毛因子)〟に作用するから「産毛」・「白髪」を生えさせない! ちなみに産毛は・・・単発式なら15回以上の照射 ハイパースキン脱毛なら10回以上で完了します。

ハイパースキン脱毛は色素の少ない産毛白髪の脱毛もできます。

というのも、毛が生えてくる前の〝毛の種〟に作用するため 産毛・白髪の発毛も予防 できるから。

つまり単発式(IPL,SSC)では15回以上の照射が必要だった産毛も、ハイパースキン脱毛なら10回ほどで完了です!

メリット3「アトピー」「日焼け」でもOK
肌の質・色に左右されない

ハイパースキン脱毛は肌の質・色に左右されません そのため「アトピー」「敏感肌」「日焼け肌」「色素沈着」でもOK

ハイパースキン脱毛は毛の成長を促す部分に作用する脱毛なので、 肌質・肌色の影響を受けません 

【肌質】

アトピー敏感肌乾燥肌ニキビ肌

 

【肌色】

日焼け地黒肌色素沈着シミホクロ

なので脱毛前に「日焼けをしてしまった」「肌荒れが出てしまった」という場合でも気にすることなく脱毛できます。

ただし血液体液が出ているほど悪化している場合は、まず病院で診てもらって医師に相談してから検討しましょう。

メリット4フォトフェイシャルで
エステ並みの美肌効果

ハイパースキン脱毛は、エステ並みの美肌効果があります。その理由はフォトフェイシャルと同じ光を使っているため、「ハリ・ツヤUP」「コラーゲン生成」「肌のトーンUP」「シワ・シミ改善」「黒ずみケア」などの効果を得ることができます。

ハイパースキン脱毛は肌へ優しいだけでなく、 肌を美しくする効果 も期待できます。

具体的な効果は以下の通り。

  •  肌にハリツヤを出す
  •  明るいトーンの肌になる
  •  シワシミを改善する
  •  黒ずみをケアする
  •  コラーゲンを生成する

ターンオーバーを活性化させる働きがあるので、こういったエステ並みの美肌効果が得られるのです。

脱毛に加え肌も綺麗になれるなんて、女性にはとっても嬉しい効果ですね。

メリット5毛周期の影響を受けないので
短いスパンで脱毛できる

ハイパースキン脱毛は毛周期の影響を受けないので、短いスパンの脱毛ができます。そのスパンはおよそ2~4週間間隔で脱毛OK

ハイパースキン脱毛の施術スパンは短く、2~4週間スパンで脱毛できます。

なぜなら毛の生え変わるサイクル(毛周期)に左右されず照射できるからです。

いままでの脱毛では2~3ヶ月に1回と、毛周期に合わせたペースだったので、その差は歴然。

施術回数はかかるものの、通う期間は 通常の半分以下 で済みます。

ハイパースキン脱毛のデメリット

デメリット1生えなくさせる仕組みだから
”毛が抜ける感覚”が湧きにくい

ハイパースキン脱毛は〝毛を生えなくさせる〟仕組みだから通常のような脱毛感覚が湧きにくい。●通常の脱毛・・・毛がポロポロ抜ける ●ハイパースキン脱毛・・・毛が生えてこなくなる 効果を得たいなら〝根気強く脱毛することが大切〟

ハイパースキン脱毛は毛の成長を邪魔するメカニズムなので、「毛が抜けた!」という感覚がありません。

通常の脱毛のように「毛がポロポロ抜ける」仕組みではないがゆえに、効果がないと錯覚することも・・・。

ただ根気強く脱毛の回数を重ねればムダ毛は 確実に生えてこなく なります。

 

もしもサロン脱毛で効果に即効性を求めるなら、単発式のIPL脱毛をチェックしてみましょう。

【医師監修】IPL脱毛の効果・回数はどのくらい?仕組みから特徴までをメリット・デメリットで詳しく解説!

【医師監修】IPL脱毛の効果・回数はどのくらい?仕組みから特徴までをメリット・デメリットで詳しく解説!

2018.11.13

デメリット2サロンの光脱毛の中では
値段はけっこう高め

ハイパースキン脱毛は同じ光脱毛の中で比較すると割と高額。「SHR脱毛」が181,800円/12回 「ハイパースキン脱毛」360,000円/12回

ハイパースキン脱毛は光脱毛の中ではなかなかな高めの金額設定です。

同じ蓄熱式のSHR脱毛と、全身脱毛の料金を比べてみたものがこちら。

  •  ハイパースキン脱毛(ディオーネ)
    ⇒360,000円/12回
  •  SHR脱毛(ストラッシュ)
    ⇒181,800円/12回

ハイパースキン脱毛の機器の流通が少ないことが、割高になってる大きな理由。

正直、SHR脱毛でもほぼ似たような感覚で脱毛できるので、安さを求める方はSHR脱毛を検討するのもいいかもしれません。

SHR脱毛(蓄熱式脱毛)で毛が抜けるまでの回数は?”効果ない”と言われるワケを仕組みから解剖します!

【医師監修】SHR脱毛(蓄熱式脱毛)で毛が抜けるまでの回数は?”効果ない”と言われるワケを仕組みから解剖します!

2019.06.06

キラキラハイパースキン脱毛が
向いている人

ハイパースキン脱毛が向いている人を以下にまとめてみました。

  •  過度に痛みに弱い人
  •  産毛・白髪・金髪部分を脱毛したい人
  •  肌荒れ部分の脱毛をしたい人
  •  脱毛+美肌にもなりたい人
  •  短期間で脱毛を済ませたい人

ハイパースキン脱毛の一番の魅力は、小さな子供(3歳~)の肌にも使用できるほど低刺激というところ。

極端に痛みに弱い人でも安心して使用できます。

 

それ以外にも通常の脱毛では難しい 産毛脱毛を得意 としていたり、 美肌効果が得られる などメリットが盛りだくさん。

上記の項目で1つでも当てはまることがあればハイパースキン脱毛がおすすめです。

 

カミナリハイパースキン脱毛が
向いていない人

逆にハイパースキン脱毛が向いていない人は以下の通り。

毛が抜ける感覚を味わいたい人
安さを一番に求めている人

先ほども書いた通り、ハイパースキン脱毛は毛の生えていない部分へ作用する極めて特殊な脱毛です。

毛を抜くというよりも、 生えなくさせる脱毛方法 であるため、ポロポロと脱毛感覚を感じたい人には不向きです。

 

以上がハイパースキン脱毛の解説でした。最後にここまでの流れをもう一度まとめておきますね。

【仕組み・痛み・効果】

  •  仕組み:毛の種に作用してムダ毛を成長させない
  •  痛み:子供でも照射できるほど刺激がない
  •  効果:効果が表れるまで時間がかかる

 

【その他の特徴】

  •  産毛白髪金髪まで毛OK
  •  美肌効果でハリ・ツヤUP
  •  2~4週間スパンで通える

子供から大人と幅広い年齢の肌に使用できるハイパースキン脱毛

肌へのダメージが極めて少ないので、もともと 肌が弱い人でも安心・安全 に使えます。

ハイパースキン脱毛を取り入れている脱毛サロンはディオーネなので、気になった方はチェックしてみましょう。

\ディオーネは全国120店舗以上/ ディオーネの公式サイトはこちら無料カウンセリング申し込みページに移動します

スポンサーリンク